アゴ削りの手術に興味を持っています

学生時代から顔の大きさがコンプレックス

学生時代から友達と一緒に並んで写真撮影をすると、自分の顔が大きくうつってしまうことにコンプレックスを抱いていました。
そのため一歩後ろに下がって並ぶようにしたり、髪の毛をおろして顔の出る面積を少なくするといったことを行ってました。
そんな時、テレビで見ていて以前はエラが気になっていた芸能人が久しぶりに見ると顎周りがすっきりしていたので驚きました。
ただ痩せたというだけではエラが消えることはないと感じたので、整形手術をして綺麗になったのだろうかと考えたら自分もしてみたいと強く感じるようになりました。
以前から整形手術に関しては否定的に感じることは一切なく、メイクをして綺麗に見せるのと同じようなことだと考えたからです。

鼻整形30万
前歯矯正40万
涙袋4万
アゴ削り90万
唇ヒアロ10万

整形したいンゴ

— みぃ姫(19)🌹メイプルもみじ (@3ksmm) 2019年1月2日
それに海外留学をしていた時に、外国人の友人たちは気軽にプチ整形をしていて、それが何でもないことのように話をしていた影響もあります。
実際に整形をすることで綺麗になった友達も多く、そうなると異性からも人気が出るので性格が明るくなったり行動派になった友人を沢山見てきました。
自分もエラが張っていて顎が長いということが大きなコンプレックスになっていて、知らないうちに隠そうという仕草をしていることを親に指摘されたときは、自分を変えるチャンスかもしれないと考えました。

学生時代から顔の大きさがコンプレックス : 美容整形の手術に不安を覚えつつカウンセリングへ : 施術の仕組みを聞き美容クリニックに信頼を持てるように

アゴ削りアゴ削り | クリニック